FX自動売買の長所と短所を知る<後半>

みなさん、こんにちわ。ミスターKです。

今回は、FX自動売買の長所と短所の後半に入りたいとおもいます^^



4. 個人的な感情でFX投資の方法論が変わることがない

どうしても人間ですので、仕方ないといえば仕方ないのですが、やはりその時々の感情によって投資スタイルや方法が変化してきます。

そういった変化は、長期的にみると、マイナス面も多く方法が定まらないが故に、勝率が落ちてしまうことも。

その点FX自動売買であれば、もうお解かりのように感情はありませんので、プログラムにそって一定の方法のみでトレードしていきますので、マイナス面をカバーしてくれます。





5. 個人的なノウハウのないFX初心者にも一定基準のFX投資が可能になる


これが最大のメリットかもしれません。

なんといっても、初心者にとっては心強いです。

自動で取引してくれるわけですから、極端に言えば全く取引したことがなくても一定のロジックにしたがって、それなりのFX取引ができるのですから^^

100%勝てるというわけではもちろんありませんが、優秀なプログラムをつかえれば、それなりに稼ぐことも可能なのではないでしょうか。





そして、いろいろと良い面ばかり書いてきましたが、デメリットもお話しておきましょう。

■プログラム故の応用がきかない。

一つ目は、FX自動売買では、相場の上下により識別している部分が多いため、長期の円高になったりすると下がる度に買い続けたポジションが増えすぎ、含み損が大きくなってしまう可能性があります。
また、急激に円安局面を迎えた場合などポジションを取ることができないというデメリットもあるのです。


二つ目は、自分で毎日データを判断するFX投資では、急激な市場の変化に対応することができますが、自動売買の場合対応が難しいこととなります。

このあたりは、プログラムなので応用がきなないので注意が必要になりますね。




さて、ここまで長々と読んでいただきありがとうございます。

もう、お気づきになってますでしょうか。


長所と言われる部分。


実はメンタル面に影響があるものが多いことに気づきましたか?
要するに、ある一定の条件の元に取引を100%守りながら取引していくのは人間にとってはちょっと難しいんです。

それは『勝ちたい!』『負けたくない』『もっと稼ぎたい!』etc・・・。というような感情が入ってしまうから。


そこを補って、ルールを確実にまもりながら取引を行なってくれる。それがFX自動売買の魅力。

もちろん、時間がない!と言う方にもオススメです。


しかし、デメリットもあるわけです。


また、プログラムにしても損益ばかりでてしまうプログラムもありますし、なかなかその判定は難しいのが現状です。


一般に販売されている情報商材系のプログラムの場合は、バックテストの結果は、見ることができますが、現状の勝率等をみることはできません。


しかし、FXゲムトレードでは、現状の状態を確認しながらプログラムを無料でダウンロードし利用ができるわけです。


負けるリスクを少しでも減らしていくことが、利益を生み出す上で大切なことなのではないでようか。

FX自動売買の長所と短所を知る。

みなさん、こんにちわ。ミスターKです。

今回は、FX自動売買の長所と短所について二回に分けてお話します。

また、初心者の方にもわかりやすいように解説もしていきますね!


まずは長所からご説明します。


《FX自動売買の長所》


1. 毎日忙しいサラリーマンが僅かな時間でFX取引ができる


FXを行なうにあたり、最大のメリットはFXのシステム上は市場を使い分ければ、24時間取引ができる。とう点にあります。

ですが、忙しいサラリーマンやOLさんはなかなか自由な時間は取れないですよね?

そこで登場するのが、FX自動売買なわけです。このシステムを利用することで一定の条件で自動で取引をしてくれるんです。

とっても便利でしょう?




2. 投資や損切りのタイミングに悩むことなくストレスから開放される


この項目も大きなメリットです。特に初心者の方は重宝すると思います。

なぜか?

私もそうでしたが、始めたばかりのころは負けだすと、なんとか取り返さなきゃ!とやっきになってしまい、的確な判断がしにくくなるんです。

ですが、FX自動売買であれば、考えるのはプログラムですでの、一定の条件で確実な取引を行なってくれます。

すると、損切りも最低限の損失で行なってくれるわけです。これが、人間の場合はそうはいきません。ある程度自分でルールを持っている人は別ですが、そうでない人は損害が大きくなってしまう傾向があります。

FX自動売買を利用することにより、投資や損切りのタイミングに悩むことはなくなるわけです。




3. 一定のルールでFX投資が運用できるので結果分析がしやすい


これも大きなメリットです。プログラムが一定の条件で取引をします。

そのプログラムの特性に合わせて結果もついてくるケースが多いため、その結果を分析していく場合にも、分析結果が非常に濃く有意義なものになってきます。

その結果に基いて、プログラムの変更などを行なえば勝率を上げていくことも可能になるわけです。





ここまで三項目を、お話しましたが長所としては、なかなか素晴らしいですね^^

ユーザーの取引スタイルによってメリットを生み出すこともあれば、損益を最低限にしてくれるといったメリット。

全ての取引を自動売買とする必要はありませんが、時と場合によっては非常に利用価値はあるのではないでしょうか?

後半では、残りの長所と短所。デメリットとしてお話していきます。


デメリットをしっかり把握することで、メリットとして利用することも可能ですので、知識として必要となるはずです。

お読みいただければ幸いです。



FX自動売買のリスクを知る。

みなさん、こんにちわ。ミスターKです。

FX自動売買は、非常に便利ですよね^^

優秀なFX自動売買プログラムがあれば、普段パソコンをいじれない時間でも自動で取引を行なってくれるのですから。

でもぉ・・・。FX自動売買プログラムってやっぱり100%勝てるわけでもないし。

それ以外にも、リスクってあるんですよね。


今回は、そのリスクについて少しお話しようと思います。




一つ目に、『ネットの接続・通信環境』

シグナルを見て手動で取引をす際は、それほどでもないのですが、それでもサーバダウン、約定拒否、スリット発生などがあるようです。

インターネットに正常に接続できなくなってしまう場合には、正常に取引ができなくなってしまうわけです。

例えば、家の中での無線LAN。これが不安定でも起こり得るわけです。

これは自動売買にとっては、致命的です。シグナルが出ても、正常に売り買いされなくなってしまいます。


二つ目に『パソコン環境』

パソコンに関しては、やはりスペック面で著しく劣ってしまう場合には、シグナルが出たときに思うように動作せずに、思いがけない結果を招くこともあります。


FX自動売買を行なう際には、ちょっとしたことでも、気を使い最善の状態でFX自動売買を行うことが得策です。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。